FC2ブログ

婚活の努力

結婚相談所に入会して、速い人は最初のお見合いで結婚が
決まる事もある。
また、お見合いは沢山するが、なかなか結婚に結びつかな
い人もいる。
お見合いの相手が全くいない人もいて、お見合い期間での
婚活が不向きの人もいる。
申し込みをした相手からO.Kの返事をもらえない。
申し込みされた相手にはO.Kの返事をだせない。
自分も選ぶが、相手も選ぶ、お互いに求める条件が一致して
、なお且つフィーリングも合う場合は極めて難しい。
結婚とは、自分の努力以外に、タイミング、巡り合わせ、運、
チャンス、等が強く働く場合もある。
諦めずに頑張る事だ。

奉仕の気持ち

人と人との交わりは、奉仕し、奉仕される相互の関係から
成り立っていると思われる。
婚活も、また、しかりです。
お見合い市場において、相手が自分に何もしてくれない、
また、自分のことを分かろうとしない、と云う人が多い。
はたして、自分から相手に何か働きかけた事があったのか、
また、何かしてあげた事があったのか?
自分のことをさておき、相手がしてくれない事ばかりを云う
人がいる。
更には、自分は婚前には一人で苦労してきたので、結婚後
は相手に自分のことを楽にさせて欲しいと、、、、
さて、自分は相手に何をしてあげるのだろうか?全く自分
本位にしか見えない。
逆に、相手に尽くしたいたいと考える人もいる。後者の人の
方が前者の人よりも成功率は愕然と高いのは判然として
いる。
自分本位の考え方が間違えていると気付いた人が婚活も
成功出来ると言える。

婚活市場における商品価値について

お見合い市場において、商品価値を決める条件は多々
あると思われる。
例えば、外見、年令、学歴、収入、職業、等いろいろな
面の条件があるが、
お見合い市場において、売れる売れないかの商品価値は
他人が決める前に、自分自身が決めるものである。
冷静に見て、自分自身を正しく評価出来るかどうかに
掛かっていると思われる。
それが出来れば、売れに残りは無くなる筈である。
結婚出来ないと嘆く人は、その前に本当に結婚する気持ち
が少ないのである。
自分を高い所に置かないで、自分は”こんな程度だった”
のかと気が付けば成功である。
本当の自分を自身で把握出来れば、もはや正しい自分の
商品価値を悟った人で、結婚出きたと同じである。

お見合い写真の良し悪し

お見合い活動において、相手のプロフィールの項目の中で
一番目に付くのは人物の写真である。
その写真の印象が良いか悪いかで、話がそこまでで止まる
場合が多い。
自分のお見合い写真の作成について、涙ぐましい努力を
している人も多々いるのも確かである。
服装からポーズ迄、写真館で、自分の写真が良く映るように
いろいろの角度から何度も撮り直して最善の1枚にたどり着く
人もいれば、
軽く自撮リした写真や、人に撮ってもらったスナップの中から
人目を引く良い写真が見つかる場合もある。
プロが撮った写真が必ずしもベストとは限らない。
いずれにしても、お見合いのスタートはいかに人を引き付ける
写真から始まると言って過言ではない。

高年令の子供が欲しい男性の対象女性の現状

昨今の中高年令者のお見合い市場において、男女の
希望する相手の年令にお互いの隔たりが大きく、
中高年令の男性が求める出産可能な相手の女性層
はそれに応じる可能性は極めて少ないと言える。

即ち、子供の欲しい男性の50才前後が求める女性は
30代後半~40代前半が限度であり、
逆に、その年代層、いわゆる、アラフォーと呼ばれる
女性層が求める相手の男性の年令はすぃぜい2~3才
年上か、更には同年か年下の男性が良く、お互い
年令層がマッチしないのが現状と云える。

あくまで子供が欲しい男性にとっては、非常に厳しい
現状であり、望みの女性が現れない限り、生涯独身で
終わるか、家系の存続に支障をきたす事になるかも
知れない。

確かに男性にとって、相手の女性に対しては経済的
に満足させられる収入を得ているかも知れないが、
反面、対象年令層の女性は、最近、経済的にも自立
出来るキャリアウーマンも多く、彼女らは、高収入だけ
の男性には目が行かず、生活態度や話題の共通性が
多い同世代の男性に目が行き、出産よりも共に楽しく
暮らして行ける相性の合う男性を求める傾向が世相の
ようである。

ここで、中高年令の男性が子供を欲しい場合は、若い
女性が応じる国際結婚か、子供を同伴する再婚者を
探すか、出産が無理な女性と結婚して、他から跡継ぎ
になる養子を迎え入れるか、別な角度から相手を
探さない限り極めて難しいようである。

プロフィール

慶愛ブライダル

Author:慶愛ブライダル
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR