婚約が壊れても

優秀な研究職の男性が苦節婚活の末、有名女子大出身
の女性とめでたく成婚して退会した。
と云うのも、彼はこの出会いの前に、別の女性と交際して
婚約までしたが、占いを信仰するこの女性との間には
大きな考え方の隔たりがある事が分かって婚約を解消した
経緯があった。
今度の女性は交際が始まると、彼は真っ先に占いの信仰
があるかどうかを確かめたが全くその心配は無かった。
交際が進展すると、二人一緒にいるのは全く違和感
も無く、前から隣にはいつも彼女がいたようなやすらかな
気持ちであった。
彼女と婚約するまでさして時間がかからなかった。
更に、新婚の住居には彼も全く期待をしていなかったが、
彼の父親が同居する家に嫁ぐのを彼女はいとわなかった。
それも自分から言い出した事で彼はびっくりした。
母親が早く他界して、不自由な男同志の生活に同情した
のであろうか?
今どきの若い女性で先方の家族との同居を気にかけない
人は滅多にいない。
彼はそろそろ新居のアパートを探す用意をしていたので、
あっけにとられた。
二人のすがすがしい結びつきである。


スポンサーサイト
プロフィール

慶愛ブライダル

Author:慶愛ブライダル
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR