FC2ブログ

現代の結納事情
結婚相談の業界に所属した者同士の成婚者の例をとってみると、
最近、結納に進んだ人たちは、我々の経験でもごく一部に限られて
きている。
それだけ、わが国古来のしきたりの実施も薄れてきていると云える。
下記のような数値を見るとはっきりしている。
リクルート・ブライダル総研の調査によると、結納の過去実施状況は、
1995年 48.7%
1996年 52.1%
1997年 51.3%
1999年 47.5%
2003年 31.3%
2004年以降 20%~30%の実施割合のようです。
最近のゼクシィの調査によると、結婚式を挙げた人の結納実施率は、
18.4%で結納金平均額は87.2万円でした。(2011.4~2012.3)
結納は家と家との結びつきの色彩の強い昔風の婚約であるが、現在の
個人対個人の結びつきを主とした婚約の場合、結納の実施は少なく、
家族同士の簡単な顔合わせ会で済ます例が多く、余分な出費を少なく
して、新生活の費用に向けるのが一般的になってきています。
仲人を立てる割合も殆ど少なく、今後とも一部地域を除き、減少の
傾向にあるようです。
スポンサーサイト
プロフィール

慶愛ブライダル

Author:慶愛ブライダル
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR