FC2ブログ

結婚が難しい現状

生涯未婚率が年々上がって来ていて、
2015年に 男性23%、女性14%であったものが、
その20年後の
2035年には男性29%、女性19%に上昇すると
推定され、
正に男性3人に1人、女性5人に1人が未婚のまま
生涯を終える事になるとされる。
即ち、両者平均で4人に1人が未婚のまま終わる
事になる。恐ろしい事だ。

その訳は、戦後女性の社会進出に伴い、経済自立
が可能になり、男性に経済援助を受けずとも生活が
維持できる社会になり、女性の結婚観が昔と変わって
結婚願望が薄れて来た為が大きな要因と思われる。
そのしわ寄せで、男性の相手が少なくなり、男性の
成婚率が悪化するのも当然の理と云える。

このような社会の結婚状況の中で、結婚を望む男女
は意を決して真剣に婚活に臨まない限り成功は望め
ない時代のようである。

スポンサーサイト

結婚生活の居住地

女性の社会進出の少ない時代には、男性の勤務
に影響しない地域に専業主婦として女性が嫁いで
落着したが、
女性の社会進出が殆んどの現代では、一般的には、
男性と女性とが、各々通勤に可能な場所に新居を
構えなければ結婚生活が成り立たなくなった。
従って、結婚の条件で居住地がかなりのウエイトを
占める事になった。
当相談所の男性会員が少し離れた地域に勤務する
女性と婚活する中で、永年親の家で生活していた彼
が、自分と女性の通勤可能な場所へ今までの家を
離れて、転居する道を選んで、やっと成婚への扉が
開けたのであった。
結婚生活の居住地の問題が重要な一例である。

交通事故により交際が長引いた話

先妻を亡くし,当所で婚活期間が足かけ2年になる熟年
の男性が、今年の春先に、お見合いをしてから交際に
入り、夏に向かった時、人身事故に及ぶ大きな交通事故
を引き起こしてしまった。
その為、責任感の強いその男性は、事故相手に対する
献身的な処置を施す事になった。
幸い、遠距離の交際相手も、看護師の身から、電話で助言
をしたり励ましたりして、交際を中断する事無く、夏を乗り
越える事が出来た。
しかしお互い会う時間も満足にとれず、お見合いから半年
の月日を費やして、やっと、成婚の運びとなった。
通常3ヵ月の交際で結論を出す所、当相談所としては、その
延長を認め、このたび目出度く退会する事になった。
珍しい交際延長の事例の一つである。

婚活の選択

婚活という言葉は最近生まれた言葉で、2007年に社会学者
の山田昌弘氏が提唱したもので、結婚活動を「婚活」と呼び
やすくした造語です。
その後、インターネットを利用した婚活が爆発的に普及して、
その為昔からの結婚相談所を利用した婚活と、ネットを利用
した婚活と、2つが大きく分かれて現在に至っています。

ネット婚活は料金も安く、専任のカウンセラーがつかずに自分
1人のペースで気軽にできる利点がある半面身元保証が無く
全て自己責任で行わなければなりません。

結婚相談所による婚活は、身元保証をする各種書類を提出し
てもらい、お互い会員が安心して活動できる婚活であって、
しかも仲にカウンセラーが介在して、強力なバックアップをして
もらえる利点があります。

現在、国内の婚姻数が衰退する1方、結婚祖相談所で結婚した
方は大幅に増加しているのが現状です。
どちらの婚活を選ぶかは婚活者自身の判断にかかっています。

出産報告の訪れ

当相談所で苦節2年の婚活の末、入会したばかりの
理想の女性と首尾よく結ばれた男性が、結婚相手の
女性と2人の間に生まれた男児を連れて訪問して来た。
今年の8月は特に発生する台風が多く、8月初旬の
土曜日に予定していた訪問日が丁度台風の来襲日に
当たってしまった為、2週間ずれての来訪となった。
生後2カ月の赤ちゃんを見せに来訪してくれるのは、
目出たくもあり、又相談所にとっても嬉しい事である。
記念に親子3人の写真を獲って祝福して又の訪問を
期待してお別れとなった。

プロフィール

慶愛ブライダル

Author:慶愛ブライダル
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR