母親の希望

母親が東京で生活している息子の婚活を頼みに来た。
地元の女性と結婚させたいので他の相談所で婚活して
いたが、その相談所ではこちらから相手を選べず、
お見合いは出来てもすべて地元を離れれる事を嫌う
女性ばかりだった。しかも地元以外の会員は皆無で、
その範囲内での婚活だった。

当相談所は全国の相談所が加盟する組織で、遠方
でも選別して申し込めるネットワークだったので、息子
の希望で、東京近郊に目を転じ数人とお見合いをした。
その中で、今までの婚活の中で一番人物的にも優れた
女性と出会う事ができた。、母親の地元の女性の望み
を除いては全て満足するものであった。
母親も地元のこだわりを断念して、息子の希望に同調
する事となった。

早速、女性の両親の元へ挨拶に向かい、折り返し女性
を連れて母親の元へ帰省して対面させた。
お互いの家族との了解を取った段階で、正式に成婚の
運びとなった。
母親の意に反した点があったが、先ずは無事息子の
結婚がやった決まったのは、母親が動いた結果で満足
した事と思う。


スポンサーサイト

相談所同士の連携

お見合いの場合、相手に会ってから婚約の期間が恋愛結婚に
比べて比較的短いのが通例である。
その間に、両者の成婚までの進展に関わる相談所の役割には
大きいものがある。
お見合いが済んで交際が始まってからの相手の気持ちが分か
らないのが普通である。
こちらの気持ちは好意を持っているが、相手のこちらに対する
気持ちを知りたい場合、また、交際相手はどんな人物かも聞き
取れる。
これ以上交際の価値が無いと判断された場合、その時点で交際
を中止できる。
もう少し様子を見たい場合、交際を続行するよう指示できる。
それぞれに好意が生まれたら、真剣度はどの程度か、真剣度が
強い場合、成婚に向かっての行動の取り方の指導、プロポーズの
タイミング、時期について本人に代わって情報を交換できる。
お互いの会員のカウンセリングによって、両者を成婚に結びつけ
るのも相談所同士の連携にかかっている。

婚活の努力

結婚相談所に入会して、速い人は最初のお見合いで結婚が
決まる事もある。
また、お見合いは沢山するが、なかなか結婚に結びつかな
い人もいる。
お見合いの相手が全くいない人もいて、お見合い期間での
婚活が不向きの人もいる。
申し込みをした相手からO.Kの返事をもらえない。
申し込みされた相手にはO.Kの返事をだせない。
自分も選ぶが、相手も選ぶ、お互いに求める条件が一致して
、なお且つフィーリングも合う場合は極めて難しい。
結婚とは、自分の努力以外に、タイミング、巡り合わせ、運、
チャンス、等が強く働く場合もある。
諦めずに頑張る事だ。

奉仕の気持ち

人と人との交わりは、奉仕し、奉仕される相互の関係から
成り立っていると思われる。
婚活も、また、しかりです。
お見合い市場において、相手が自分に何もしてくれない、
また、自分のことを分かろうとしない、と云う人が多い。
はたして、自分から相手に何か働きかけた事があったのか、
また、何かしてあげた事があったのか?
自分のことをさておき、相手がしてくれない事ばかりを云う
人がいる。
更には、自分は婚前には一人で苦労してきたので、結婚後
は相手に自分のことを楽にさせて欲しいと、、、、
さて、自分は相手に何をしてあげるのだろうか?全く自分
本位にしか見えない。
逆に、相手に尽くしたいたいと考える人もいる。後者の人の
方が前者の人よりも成功率は愕然と高いのは判然として
いる。
自分本位の考え方が間違えていると気付いた人が婚活も
成功出来ると言える。

婚活市場における商品価値について

お見合い市場において、商品価値を決める条件は多々
あると思われる。
例えば、外見、年令、学歴、収入、職業、等いろいろな
面の条件があるが、
お見合い市場において、売れる売れないかの商品価値は
他人が決める前に、自分自身が決めるものである。
冷静に見て、自分自身を正しく評価出来るかどうかに
掛かっていると思われる。
それが出来れば、売れに残りは無くなる筈である。
結婚出来ないと嘆く人は、その前に本当に結婚する気持ち
が少ないのである。
自分を高い所に置かないで、自分は”こんな程度だった”
のかと気が付けば成功である。
本当の自分を自身で把握出来れば、もはや正しい自分の
商品価値を悟った人で、結婚出きたと同じである。
プロフィール

慶愛ブライダル

Author:慶愛ブライダル
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR